2022年5月25日水曜日

20220525




DDQS


 







こんにちわ



SSSSSHIN です










最近は



かなり暖かく



とても過ごしやすい



気候になりましたね



暑くもなく



寒くもない






わがまま言うと



これ以上



暑くもなく



寒くもない



このまま





いいですね











今回も



音楽紹介








今回は



なんかのBGMに



使って欲しい感じ





曲、アーティストを



ご紹介









Ipek yolu







デンマークを中心に



活動しており



各国の



フェスティバルで



活躍している



バンドです





「ipek yolu」とは



トルコ語で



「シルクロード」



って意味みたいです





彼ら3人は



このバンドが



結成される前から



デンマーク等で



音楽の活動をしており



リーダーの



Orhan Ozugur Turan さんは



デンマーク全土で



有名な



サズ


 

(トルコ民謡等に使われる弦楽器)





奏者





メンバーの



Olaf Brinch さんと



Lasse Aagaard さんは



長年共に



バンド活動をしており



ガーナと



デンマーク





両方で



Fela Kuti の



元ドラマーである



CC Yoyo 等と



ツアーやレコーディング





行っており



3人の経験が



混ざり



生まれたのが



Ipek Yolu



だそうです






それでは



聞いてみてください









低音が重ためのエレクトロ



クンビア



サズのリフ



南米のリズム



60年代のサイケロック



多文化を



組み合わせてなる



独特の音色は



なんだか



クセになります



暇な時間に



ちょろっと



聞いてみてください



入り込みすぎて



気づいたら



1、2時間経ってる



的なことに



なりそうです









続きまして









Aussteiger






彼は



かつて



活躍していた音楽シーンが



同じようなビートに



支配されている



と思い



音楽シーンを



去り



山奥の



秘密の場所に



引きこもり



その時代の流行などと



距離を



とったそうです



音楽シーンを



去ったことから



人々は



ドイツ語で



背を向ける人、ドロップアウトした人を意味する



「Aussteiger」





呼ぶようになったそうです






何年にもわたって



自分自身の強化をし



そして



完成した作品を



世界中の



音楽愛好家に



届けるため



音楽シーンに



戻ってきたそうです






”自然とのつながり”





大切に考え



魅惑的な音楽の



作成方法を



見つけたそうです






巷でいう



スピってる



ってヤツです



知りませんが






では



僕が



彼の作った作品の中で



気に入っている



こちらのアルバム



聞いてみてください





この怪しげなグルーブ



なぜか



落ち着きます



一度聴き出すと



パーカッションが



心地よくなって



もう少し聞きたい



なんて



思ってしまいそうです



僕は



なってしまい



最近よく聞いてます






そんな彼が



設立した



Dub Disco 



っていうレーベル



とても良いです



ウェブサイトの作りも



面白いので



是非とも



チェックしてみてください



Dub Discoの



文字を押したら



見れるようにしてます







今回は



以上です



このブログを



みてくれた方の中に



この曲気に入った



なんて人がいてくれると



嬉しいです






長々と、



ありがとうございました










SSSSSHIN











2022年5月22日日曜日

20220522

 

SIGHTO













最近

安定しないといえば

気温です。







古着で

安定というか定番といえば

"ネルシャツ"です。 






どうも

こんばんは。

SIGHTOのヤナギハラです。













さて


今日はネルシャツ。




起毛は無く

プリントネルだとか

薄い生地感の夏にかけて

羽織るだけで良い感じになる

ちょうどいいヤツ。






アメリカンカジュアルの王道で

昔からの定番だからこそ

その時の自分の気分で

見え方が変わり

毎年なぜか新鮮に感じる

ワレワレも好きなカテゴリー。














配色やチェックの種類だけでも

違いを感じることができますが

ディティールはもちろん、

サイズ感やユーズド具合によって

ノリが変わるところも飽きずに

好きでいられる理由なのかも。








実際

作りの良さを求めて選ぶモノではないし

穴が空いていたり

汚れていたりと

1枚1枚、着ていた人の生活感がよく反映されている古着だと思います。





































今回、紹介する3点も

着込まれ、しっかり生地が痩せたモノ。



こうゆう雰囲気があるシャツを

デニムにレッドウィング的な

往年のアメカジではなく

今の自分達らしい角度で着れば

新しいイメージを楽しめるはず。




別に難しく着方を考えず

ただただお気に入りのパンツに羽織るだけ。




そのくらい自由な感じで

着てみて欲しい。





それなのに

着る人ごとに違う見え方がするから面白い。


















ヨシヒデが履いてきた派手なパンツは

色モノを合わせるのを敬遠してしまいそうですが

着てみるとしっくりくる。



"アメカジの王道"という大きなイメージがあるからこそ

個性的なパンツと合わせた時の

意外性が楽しい。





パンツには

気分や個性が出る分

みんなが知っている定番のネルシャツが

自分の個性を引き立たせてくれるのかも。



















僕も

着てきた服に羽織っただけ。



Tシャツもレディースのスウェットパンツも

白っぽい同じトーンだから

色と柄がよく映えます。




白いキャンバスの上に

色を足すイメージで着れば

どんな色や柄のシャツであっても

受け入れられそう。







着心地はもちろん良いし

自分のお気に入りのパンツと合わせるだけで

意外と簡単に個性が出せるネルシャツ。






身近にあるのに

いろんな楽しみ方が出来る

奥深い服だな〜。。












・LEFT

USED "THE HIGHLANDER FLANNEL" FLANNEL SHIRT

SIZE : L(fits like M-L)

PRICE : ¥8,800-(tax in)


・CENTER

USED "THE MEN'S SHOP" PRINT FLANNEL SHIRT

SIZE : L TALL

PRICE : ¥9,680-(tax in)


・RIGHT

USED "SEARS" FLANNEL SHIRT

SIZE : 19 1/2(fits like XL)

PRICE : ¥10,780-(tax in)









Hidemi


2022年4月28日木曜日

20220428

 ミナサマ


GLDNWK直前


いかがお過ごしでしょうか





ご無沙汰キメこんでた


オーナーバイヤー


a.k.a


用務員のワタクシです





本日4/28日を持って


DDQSは1460日を経て


明日より5年目に突入します







感慨深い


とか


4年早いなー


とかいう感覚は特になく






自分サイズで


歩きながら


2018年にDDQS


2019年にSIGHTO


2021年にCopyArt Collective


と立て続けにドアをあけてきました





あまり深く考えてはいませんが



数ある古着屋の中で箸休め的な役割を


めざしつつ


ごく稀にミナサマの心の隙間に


入り込める様な


空気感とか





まだだれも気づいていない様な


新しいモノを見るんじゃなくて


みんなが知ってて


いつも見てるモノについて


誰も考えてない角度を見つける作業






みたいな感じ




これからも大事にしたいなー





っと思ってます。








そして




月並みにはなりますが




いつもお店に来てくれるお客さん


オンラインやDMで通販してくれるお客さん


CIBONEのMINI-MARTに通ってくれてるお客さん


んでもって


DMタメ語で送りつけてきて


返信したらスルーするタイプのキミタチも


一応大事なお客さん、多分




なんせ


ミナサマいつも本当にありがとうございます!





上記の空気



感じてくれるミナサマにおきましては



今後とも



ご愛顧ください(飽きるまで)




よろしくお願いいたします。









まだPARTYする様な気分じゃないので


今年も特に何もしませんし


特別なナニカも仕込んでません



スタッフはいつも通りナイスに


元気に


明るく


機嫌良く


ほんの少しTHUGく


店頭でお待ちしています。













あと


5月に入荷予定だったTHE BASICS by NOROLLが


GW前に届いたんで


GW中は店頭のみで販売


5/9の営業開始のタイミングでオンラインへも反映します。











































STYLE WORTH YOUR WHILE


まぁ、そーゆーことですわ





よろしくどうぞ




G
























2022年4月26日火曜日

20220426

 

SIGHTO














こんにちは。

SIGHTOのヤナギハラです。








今日はネクタイ。





買い付け後、たまにある

「コレ、SIGHTOで。」って具合な

オーナーバイヤーG氏からの

宿題のような

今までに無かった商品の提案。






前職も前々職も販売員をしてきた自分ですが

ネクタイを取り扱った経験は無いし

当たり前に良し悪しもわからない。


もっと言うと

普段着で使ったこともなければ

スーツで来るお客さんを除いて

SIGHTOのお客さんでネクタイをしている人は

一人もいた記憶が無い。






現状こんな感じだし

反応がわからないアイテム。。











ただ、

なぜかワクワクしてます。


















用意したもの(G氏に渡されたもの)は

POLOやRUGBYといった

馴染みがあるブランドもあれば

全く知らないものも。



ただこれは

ネクタイを意識して付けたことがない

今の僕たちには不必要な情報。





服に触れているからこそわかる

コットンやシルク、ウールなどの素材感や

色、柄、形といった

視覚だけを頼りに選べば

心配することは無さそうです。








”何も知らんけど、なんかいいかも。”


という

洋服に興味を持ち始めた時の

感覚だけで選んで挑戦する行為が

ワクワクさせるのかもしれません。




















































なんとなく合わせてみたところ

いつも通りでいい事に気付きました。





一つ目も二つ目も

インナーがTシャツなら

いつもと変わりないシンプルなスタイル。





なのに

シャツを着てネクタイを締めるという

工程を二つ増やすだけで

よそゆきの時の

ちゃんと服を着ているというか

普段と違う新鮮味が味わえるし

単にクセが出せる。








何枚も服を重ねて着る季節は終わり

物足りなさを感じる日がくるかもしれない。



付けてみるだけで

ワクワク出来る可能性があるなら

1つ

挑戦してみるのも悪く無いと思う。









USED NECKTIE

PRICE : each ¥3,850-(tax in)








Hidemi

2022年4月12日火曜日

20220412

 

SIGHTO










こんにちは。

SIGHTOのヤナギハラです。







最近は、買い付け商品が到着し

服の手入れをしては

店に追加する毎日を過ごしてます。




お陰様で

アイロン技術が日々向上しております。。








さて

本日は紹介したかったこちら。


















USED "Levi's" 567 LOW LOOSE BOOT

SIZE : 31,32,36

PRICE : BEG / NVY ¥15,400-(tax in)

BRN ¥11,000-(tax in)




自分も気に入ってよく履いてる

Levi'sの


"LOW LOOSE BOOT"


所謂、太めのブーツカット。






アメリカ製産終了後の

ダサいタグが着く時代のモノで

同じ品番でも90’Sのときは

違うシルエットみたいです。





Levi'sでいうと

646のような分かりやすくフレアするシルエットではなく

517をワイドシルエットにしたイメージで

ストレートのパンツに

慣れている方は自然に受け入れられると思います。






生地は

コットンポリエステルの

あっさりとした細ピッチコーデュロイ。



秋冬らしい太畝のコーデュロイと違い

これからの季節もイメージ出来る

薄手の軽い履き心地が魅力的です。


最近、この生地感を履いている人もあまり見かけないし

そこもシンプルに新鮮かと。







そんな

決して流行ってないパンツを


BEG / W31

BRN / W32

NVY / W36


で今回ご用意。








BRNは右膝裏あたりにブリーチ飛びみたいな跡があります。

なので

そんなの気にしねーよバカやろうって人向け…。


























大きいサイズのNVYを履くとこんな感じ。




トップスのサイズが大きくても小さくても

たとえ適当に選んだとしても

形にしてくれるであろう存在感。



ブーツカットだったとしても

スタイルは絞らず

その人その人で

いろんな着方が楽しめそう。




ワイドのブーツカットという

ひとクセあるように感じるシルエットですが

意外と履く人の体型は選ばない気がします。

























W31のBEGは太さを保ちつつもバランスが取れたシルエット。




色も違いますが

太さが変われば同じアイテムと合わせても

印象が変わります。




僕はコレに近いサイズ感で履いていますが

普段、ブーツカットを履かないお客さんから

「そのパンツいいですね。なんのパンツですか?」

なんて言ってもらえているので

多分、裾の広がりへの抵抗は弱くなってきているのかも。




むしろ

そんな今までブーツカット、フレアシルエットを

履いていない方や、これからも履く予定が無かった方にこそ

挑戦してもらえたら嬉しいです。






気温が上がり

衣替えの季節ですが

自分で選ばないシルエットのパンツには

必ず新鮮な気分がやってくると思いますよ〜。










Hidemi